イベントニュース

イベントニュース

第1回EPFCシンポジウム2017 2017年9月12日(火)

 『クラウドからスマートエッジへ!』

 

 2017年9月12日(火)13:30-17:30に川崎ソリッドスクエアホールにて「クラウドからスマートエッジへ!」をテーマに第1回EPFCシンポジウム2017を開催しました。

当日は、登壇者、出展者を含めて95名の方々にご参加頂き、盛況のうちに終えることが出来ました。


 参加者からは、海外のIoT関連のコンソーシアムやスマートエッジへの海外の取り組み状況、スマートエッジに関わる標準化の動向や事例紹介などへの期待が寄せられました。次回以降のシンポジウムでは、これら要望も考慮して、国内外の関連業界の最新の動向やEPFCの活動成果なども紹介していきたいと考えています。

 

 第一部セミナーでは、EPFCの活動紹介、スマートシティ・スマートコミュニティにおけるIoTとエッジプラットフォームについて、および活況を呈する半導体市場とその中でのスマートエッジの可能性についてご講演頂きました。


  • 「EPFCの概要と活動紹介」
     講師:益 一哉 氏
           東京工業大学 科学技術創成研究院長 教授 EPFC 理事長
  • 「スマートシティ・スマートコミュニティにおけるIoTとエッジプラットフォーム」
     講師:西 宏章 氏
        慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科教授 
  • 「スーパーサイクルを迎えたハイテク業界とスマートエッジの可能性」
     講師:和田木 哲哉 氏
        野村證券株式会社グローバル・リサーチ本部マネージング・ディレクター
   
益 一哉 氏
 西 宏章 氏
和田木 哲哉 氏

 

セミナーの様子

 第二部パネル討論では、「未来社会におけるスマートエッジの可能性」をテーマに、スマートエッジが創造する社会や成功ビジネスはどの様なものになるのか、などについてパネリストによる活発な議論が行われました。今後IoTシステムを普及させ市場拡大を図るためには、ユーザ目線で使い易いシステムであることがポイントになるようです。

  • 「未来社会におけるスマートエッジの可能性」
スマートエッジが創造する社会とは?
スマートエッジで実現する成功ビジネスとは?

 
齋藤 昇三 氏
<モデレーター>
    • 齋藤 昇三 氏
      株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター
      代表取締役会長 EPFC理事
<パネリスト>
    • 西 宏章 氏
      慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 教授
    • 和田木 哲哉 氏
      野村證券株式会社 グローバル・リサーチ本部マネージング・ディレクター
    • 津村 明宏 氏
      産業タイムズ社 電子デバイス産業新聞  編集部
    • 水上 潔 氏
      ロボット革命イニシアティブ協議会 インダストリアルIoT推進統括
    • 岡 明男 氏
      東芝メモリ株式会社 IT推進部 部長
    • 光井 隆浩 氏
      東芝デジタルソリューションズ株式会社 IoT事業開発室 室長附

パネル討論の様子


 ポスター展示では、5社から趣向を凝らした展示があり、活発な質疑が行われました。

ポスター展示の様子


  • 開催概要
    日 程 : 2017年9月12日(火)
    時 間 : 13:30~17:30
          受付開始  : 13:00
          パネル展示 : 13:00~17:30
    主 催 : エッジプラットフォームコンソーシアム
    場 所 : ソリッドスクエアホール
                     (JR川崎 徒歩5分  京急川崎 徒歩3分)
                     〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
                                               ソリッドスクエア地下1階