会員種別と会費について

会員種別と会費

 


※年会費には別途消費税がかかります。

  
    • 会員資格・・・当コンソーシアムの目的及び事業に賛同する企業、大学、団体、有識者、関係府省庁等。
    • 法人等の団体において,カンパニー制等(団体内において事業部毎に独立した権限,人的及び物的資源, 会計制度を導入している団体をいう。以下同じ。)を採用している場合,その部門ごとに一会員とみなします。
    • ワーキンググループ参加費として、別途10,000円(税別)/人・年度が必要です。
    • その他ワーキンググループ内での費用に関しては、各ワーキンググループ内にて決定するものとする。

 

入会のメリット

 

  • エッジプラットフォームコンソーシアムへ参加することのメリットは、次のことがあげられます。
    • 最新の技術を基にした次世代エッジシステム技術への早期アクセスが可能です。

    • コンソーシアムの成果であるエッジプラットフォームを活用することでモノ作りの効率化だけでなく、各種データに付加価値を付けることでコト作りの容易化が可能となります。
    • 先進のコンポーネント開発事業者や研究者とのコラボレーション(共同研究)が可能となります。

 

規約

 

第1版 2017年5月31日  初版
第2版 2017年7月24日  有事の場合に備えて理事会を機動的に開催可能とするために規約第6条第4項を変更
第3版 2017年9月28日  別表の「半年」を「半期」に修正し、「半期」の定義を追加
                                  第19条2項と第21条4項の会費納入期限を変更
第4版 2017年10月5日  第6条3項および第7条について、メール決議の手続き方法を明確化するため文言を変更

第5版 2018年10月1日 第21条8項ワーキンググループ内で生じる費用の取り扱い文言訂正

第22条9項を削除第22条10項~13項 上記に伴い9項~12項へ訂正する