EPFCシンポジウム2018のご案内 7月5日(木) 終了しました。

エッジプラットフォームコンソーシアム シンポジウム2018

デジタルトランスフォーメーション時代の到来

IoTの普及による業務改善への道筋


 IoTにより生産効率の改善や業務効率の改善、顧客サービスの向上並びに新たな製品やサービスの開発が期待されていますが、現実にはまだこれからではないでしょうか。この様な現状を鑑み、今回のシンポジウムでは、Industry4.0の先はどうなるのか、IoTサービス市場のカギを握るエッジ技術などに関する講演や「IoT×AIで製造現場は改善できるか?」等についてのパネルディスカッションを通じてIoTの普及・促進とそれによる業務改善への道筋を示します。

【開催概要】
・日 時:2018年7月5日(木) 13:00~17:30   受付開始:12:30
・場 所:川崎商工会議所 川崎フロンティアビル2階 会議室3・4

JR川崎駅東口 徒歩2分、京急川崎駅 徒歩1分
〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2
http://www.kawasaki-cci.or.jp/about/access.html
・主 催:エッジプラットフォームコンソーシアム
・共 催:株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター(DSPC)
・協 賛:一般社団法人日本電子デバイス産業協会(NEDIA)
・定 員:100名 定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
・参加費:EPFC会員 3,000円/一般 6,000円(税込)(当日ご持参ください)

【お申込】

お申し込みは終了しました。

【シンポジウムプログラム】

第一部 講演
13:00~13:55 「IoTサービス市場成長の鍵を握るエッジ技術と日本企業の戦略」
東京工業大学 学長 EPFC理事長 益 一哉 氏
13:55~14:45 「Industry X.0が変える製造業の未来と日本の挑戦」
アクセンチュア株式会社 デジタルコンサルティング本部 インダストリーX.0日本統括
マネジング・ディレクター 河野 真一郎 氏
14:45~15:00 休憩
第二部 パネルディスカッション
15:00~17:30 テーマ:「IoT X AIで製造現場は改善できるか?」

IoTの普及により大量のデータを収集できるようになり、AIの導入によりこれらデータを処理が可能になり、製造現場は大きな変革が始まりだした。果たして、製造現場はどこまで改善できるかを実例を交えて議論する。

モデレーター:
株式会社デバイス&システム・プラットフォーム開発センター 代表取締役会長 齋藤 昇三 氏

パネリスト:
東京工業大学 学長 EPFC理事長 益 一哉 氏

アクセンチュア株式会社 デジタルコンサルティング本部 インダストリーX.0日本統括
マネジング・ディレクター 河野 真一郎 氏

エヌビディア合同会社 インダストリー事業部 ビジネスデベロップメントマネージャー 大岡 正憲 氏

日本アイ・ビー・エム株式会社 インダストリー・ソリューション事業開発 製造IoTソリューション事業部
担当部長 富田 祐司 氏

株式会社ABEJA 社長室長 加藤 道子 氏

東芝メモリ株式会社 情報セキュリティ統括 岡 明男 氏