一般社団法人エッジプラットフォームコンソーシアム

ワーキンググループ活動

ワーキンググループ活動

ワーキンググループ設置の前段階として、現場の課題を持つニーズ側と課題解決に利用可能なハードやソフトを提供/開発可能なシーズ側が連携して課題とシーズ技術の整理を行います。

<ワーキンググループ活動概要>

次に、課題毎にニーズ側とシーズ側のマッチングを行い、ワーキンググループを設置します。各ワーキンググループは、課題解決に必要なエッジシステムの要件を定義、リファレンスモデルを構築し、実証試験・効果検証を行います。これら活動を通して各ワーキンググループからエッジプラットフォームの構成要件を提案します。プラットフォームワーキンググループはこれら提案を元にエッジプラットフォームとして備えるべき要件仕様を定義・構築します。

ワーキンググループのご紹介

ワーキンググループ名をクリックすると、各ワーキンググループの活動内容や参加企業が閲覧できます。